儲かる商品探し

面倒くさいケチな小金持ちが買う商品は扱わない

私が商品選びで勧めるのは、販売して多少のミスがあっても、クレームがこない商品

一方、絶対避けたい商品が細心の注意をして販売しても、クレームが多い商品

例えば、細心の注意をして販売しても、クレームが多い商品とはこんな人達が買う商品

ホバート空港での出来事

ホバート空港カフェ

カフェでお茶をしていたら一見、品が良さげに見えるおばさん登場
「ココ座ってもいいかと」聞いてきたのでOKと言った。

ココはカフェのイスとテーブルなのでカフェの飲み物や食べ物を買った人が食べる場所
しかし、おばさんは何も買う気配なし

そして、近くのテーブルが空いたらサッサと移動していた。

そして、引き続き何も買わない。

テーブルとイスは足りていないので店で商品を買って手に持って立ち飲みしている人もいる。

しかし、おばさん2人は何も食べず飲まず4人がけのテーブルをガッツリ独占

ビジネスクラス

飛行機に乗ったらしっかりビジネスクラスに座っていた。

必要を感じないものには一銭も使わない。

こういう財布の紐が固い人は、商品の状態にもとてもうるさい。

クレームが多い商品とは、こんなずうずうしい人達が買う商品

酷すぎるクールジャパンの実態~マレーシア編

CoolJapanマレーシアのクアラルンプール一等地に出したアンテナショップが閑古鳥が鳴いています。

売れない商品がずらっと並んでいるので反面教師としてシェアします。

マレーシアCoolJapanお寒い実情
マレーシアKLCCのつインタワーからも近い一等地
ブドウといちご

日本の農産品、日本酒、日本米、魚介類、肉類、加工食品等などがずらりと並び、農林水産省が主導する「攻めの農林水産業」の見本市

海外で売れにくいものの見本市のようでもあります。

「山梨ぶどう1箱(2房)約20,000円、同じく山梨県産桃1箱(5個入)10,000円と来て、いちご1パック2,000円、はては日本では節約野菜として一袋100円程度で買える豆苗が一袋600円と続く。ごく市民的な日本のスーパーで一本280円程度で市販されているドレッシングが1,000円~、缶詰一缶1,000円~と何もかもこの調子で、段違いな高価格帯なのである。」

記事には、買いてありますが売れない理由は値段ではありません。
フランス産シャンパンや高級ワインはフランスの3倍~4倍でも売れます。
高くても売れる商品と、安くても売れない商品があると言う事です。

オーストラリアAmazonでは、まだ食品が扱えません。
しかし、扱えるようになっても特定の食品以外は多分売れないでしょう。

閑古鳥が鳴くグランドフロア

「グランドフロアーには「和」をモチーフにした日本の服飾雑貨が展示されているのだが、日本のコンビニで150円程度で売っているウェットティッシュが600円~、フェイスクリームが2,000円~、耐熱性の皿15,000円~という有様なのである。」

「和」をモチーフにした。
これ日本人が海外で売れると思う「和」と実際に売れる商品に開きがあるのが難しいところ

Superdry極度乾燥(しなさい)

極度乾燥(しなさい)バカ受けだし

「まるで地方の博物館のごとくショーケースに入れられた日本産皮革で作られた男性用ポーチの値付けを見ると16,000円也。品質が違うとは言え、同程度の男性用小物は、同市内の欧米系ファストブランドですら2,000円程度で買い求めることが出来る。一体このショーケースの中の日本産服飾小物は、開業からずっと売れないでここに居座っているのでは無いか?と錯覚してしまう。」

錯覚ではなく多分売れていない。
でも、高くても売れるものを売らなきゃ儲かるワケ無い。

大体、日本ほど物価の安い国は今や世界中探しても、ほとんど無いのだから日本と同じ値段で海外で販売して儲かるワケがない。

なぞの展示なぜに仏像

11万円の値段がつけられた謎の仏像(左)、菊花のモニュメント?14,000円(右上)、なぜかミレニアム・ファルコン号66,000円(右下)

ミレニアムファルコンやR2D2はキャラクター的に高くても売れるが、クールジャパンを観に来た人が買う可能性は当然低い

ちなみに、スターウォーズ関連商品はディズニーだから扱いNGです。

ここまで盛大に金かけて売れない商品を展示している機会は滅多にないので紹介しました。

ちなみに、日本の感覚だと高いと売れないと考えてしまいますが、売れるものは高くても売れます。
また、高いから売れるという商品も世の中にはたくさんあります。

パチンコ店勤務の会員が稼げるワケ

山崎18年高騰
山崎18年高騰
放射線測定器

同じように急騰した商品

ウイスキーやワインは販売しても問題ないし、感謝される。

一方、ガイガーカウンター販売も難しいし、詐欺師呼ばわり。


どんな人が購入するのかということが重要な要素です。

パチンコ店の客というのは、理想的な購入者に近い。

そんなわけでパチンコ店勤務の人は稼ぐ確率が高いのかも知れません。

転売商品の探し方


Australiaアマゾンで儲かる商品を探す3つの方法

1 オーストラリアAmazonでランキングが付いている商品を探す。

2 オーストラリアeBayで売れているがアマゾンにカタログが無い商品のカタログを作って売る。

3 オーストラリアeBayで売れているがアマゾンのカタログの出来が悪い商品のカタログを作り直して売る。

興味を持ってる商品、あるいは興味が持てる商品を扱うワケ

ワイングラス


興味が持てる商品を扱うことによる5つのメリット

1 商品探しが楽しい。
そのため商品探しが習慣化しやすく早く役立つスキルが付く

2 商品チェックでライバルの強さの検討が付きやすい。
仕入れ前や出品前に売れるか売れないかの検討が付く

3 扱ってはまずいNG商品を扱ってアマゾン地雷を踏む可能性が低い。

4 商品カタログを作る際に売れるタイトルを作ったり、売れる写真を撮れる。
商品知識がない場合は価格しか訴求点が見つからない。
そのため売れない、あるいは薄利になる。

5 売れた後に芋づる式に商品を見つけ易い。
商品知識がない場合は芋づる式に商品が見つからない。
そのために商品展開が浅く狭くなり価格競争に巻き込まれ易い。

リーデルが上位を独占

アカウントが強くないとリーデルを扱っても売れない

またバカラのようにニセモノが多いわけではないが、リーデルも一流ブランドなので代理店やメーカーからのクレームが来る可能性がある。

バカラワイングラス

 

ワイングラス

Amazonが扱っているので、売れにくい

アマゾンで販売する場合はライバル数だけでなく、ライバルの強さが重要

弱いライバルなら3人いるのと、強いライバルが1人いる場合は強いライバルが1人のほうが厄介な場合が多い。

アマゾン以外のライバルの強さも自分が詳しいジャンルならタイトル選択で検討がつく

 

アマゾンのカート取得はいす取りゲーム

ライバルより早く強いアカウントに育てることが重要

自分のアカウントが強くなれば弱いライバルなら何人いても勝てる。

逆に自分のアカウントが弱ければ、ライバルが1人いただけで負ける。

 

 

リーデルワイングラス

葡萄の品種専用のグラスで手薄な商品は無いか

 

 

 

 

商品を何個探せば儲かる商品が見つかるのか?

1日1商品探せば毎月30商品。
3ヶ月で90商品。

1日に何十商品も見つける必要はありません。

 

商品探しの3つのポイント

1 儲かる商品が見つかると思って探す

2 1日1商品は見つけて商品探しを習慣化する

3 儲かる商品が見つかった方法はドンドン繰り返す

転売おすすめ

転売するネタでなんといってもオススメは今まで趣味で使ってたもの集めたことがあるものです。

今まで集めていたものや趣味で使っていたものが無い。その場合興味が持てそうなものを扱うのが次善の策です。

興味が持てないものを扱うと商品が見つからなかったり、利益率が低くうまくいかないことが多いです。

儲かるのであれば興味が持てる。それも一理あります。しかし儲けるために探した商品は利益率が低くライバルも多い場合が多いです。

そのため可能であれば今まで趣味で扱ったものコレクションしたことがあるもの興味があるもの興味を持てるものの中から選ぶことをお勧めします。

 

転売で儲かる商品リスト

最初はどんな商品は使えばいいのかさっぱり見当がつかない。


そのためにまずは儲かる商品のリストが欲しい。またはツールで儲かる商品を探したい。
こういった要望がたまにあります。一見効率よく商品を探す方法に思えます。
しかし、この方法だといつまでたっても儲かる商品が見つかりません。

ツールやリストに頼って商品を探す力がつかない。そればかりでなくリストに載ってる商品は儲かりません。ツールで見つけた商品も儲かりません。
なぜならリストやツールはみんなが同じ商品を扱うことになるからです。

例えばおいしいパスタ屋さんを探すとします。
何軒も美味しいお店を探したことがあれば同じ方法で簡単に見つかります。

しかしまだ美味しいお店を探すのに慣れていない場合食べログの星の数をあてにして食べに行ったら星はまあまあだけど全然美味しくなかった。
混んでいるお店だから入ってみたけど場所はいいから混んでいただけで全然よくなかった。
こういった事はよくあります。

お店を探すのも歩いて探すのがオススメです。車や自転車で走りまわったのだと通り過ぎるだけで見落としてしまいます。

リストで商品を探すと言うのは食べログのコメントの読み方もわからずに食べログの星の数だけで店を決めるようなものです。大体外します。
ツールで探すと言う事は車で走り回ってお店を探すと同じことです。目の前を通り過ぎても気が付きません。

はじめのうちは評判が良さそうに見えたお店に実際に行って混み具合はどうか、メニューはどうか、見てから入ってみるのがいいです。

私の商品探しのサポートは興味が持てるもの既に持っているものを今まで扱ったことがあるもの。そういったものからまず探します。
それらに該当商品がない場合も初めは実際にお店に行って1商品につき1個ずつ購入して試していきます。

一見効率が悪そうですがこの方法が1番効率よく儲かる商品を探せます。
商品探しに慣れないうちは近道を探そうと思うと全く見当違いの方向に行きますのでご注意ください。

急がば回れです

儲かる商品を探せない人の特徴

1 儲かる商品が見つからないと思って探す

見つからないと思えば見つかりません。そればかりか持ち帰りるの面倒だな、出品が面倒だなと思っただけで商品が見つからなくなります。

 

2 気が向いたときだけ商品探しをする。一度にたくさん見つけようとする

商品探しは習慣化しないと上達しません。また、うまく行かない段階で一度にたくさん見つけようとすると見事に損する商品ばかり見つけることになります。

 

3 儲かる商品が見つからない方法をドンドン繰り返す。やり方を変えない 

儲かる商品を見つけた方法を繰り返せば、さらに儲かる商品が見つかります。

反対にうまく行かない方法を繰り返しても、儲かる商品は見つかりません。

場所、時間、気持ち、個数いろんな条件を変えれば上手くいく方法が見つかります。

見つけ方はサポートするのでお気軽に報告、相談してください。